NTTデータの岩本敏男社長は、今の中期経営計画中に情報サービス世界トップグループ入りする目標を改めて示した。国内外で積極的なM&A(合併と買収)を展開してきた同社は、現在、世界第二グループのポジションにまで上り詰めている。今年6月、トップに就いた岩本社長は、「売り上げは当然伸ばしていく」と、トップグループ入りを視野に入れた攻めの姿勢を明確にしている。目標達成には、国内事業で着実に収益を上げるとともに、商材の強化や事業の効率化で競争力を高め、海外での売り上げを大きく伸ばしていくことが必須条件となる。(安藤章司)