NTTデータは、中国での事業運営体制を4月から順次刷新する。同社は中国で約15社のグループ会社と、5社の一部出資を含むビジネスパートナーの計約20社でビジネスを手がけている。設立や合弁・提携の経緯から、これまではともすれば個別最適が過ぎる傾向がみられたが、これを「One NTT DATA」をキーワードに、一体感ある運営体制へと移行する。約20社で共有する事業イメージとして、今後5年で88億元(約1000億円)への売上拡大を据える。(安藤章司)