データセンター(DC)運営大手のKVHは、国内外でDC設備の拡充に乗り出す。2013年中をめどに国内2か所とシンガポール、香港に新しくDC設備の確保を目指す。同社は2011年にサーバー室の床面積約4000m2の大型DCを首都圏に開設したばかりだが、「13年の早い段階で完売する見込み」(東瀬エドワード社長)であることから、首都圏でDCを増設するとともに関西圏でもDC確保を進める。さらにアジアのDC拠点を増やすことで、他のDC運営会社やSIerに対する優位性を高める。KVHでは向こう5年で売上倍増の目標を立てており、投資を一段と拡大する。(安藤章司)