パッケージソフトウェアは、カスタマイズを避ける、あるいは開発元がモジュール(部品)を提供し、アドオン機能を簡単追加する仕組みにするというのが最近の傾向だ。短納期での導入やカスタマイズした影響で保守・運用段階での作業が煩雑になりがちだが、そうした負担を軽減しようとする動きだ。販売する側も、開発の長期化を避けて手離れをよくしたいはずだ。独立系ソフトベンダー(ISV)にとって常識ともいえる方向に反旗を翻すベンダーが存在する。美濃和男が率いるメール配信システム大手のエイジアだ。(取材・文/谷畑良胤)