その他

<IT業界の死角 窮地脱出の処方箋>【シリーズ1 ISV】第12回 カスタマイズにこだわり、使いやすさを追求

2013/01/10 21:03

週刊BCN 2013年01月07日vol.1463掲載

 パッケージソフトウェアは、カスタマイズを避ける、あるいは開発元がモジュール(部品)を提供し、アドオン機能を簡単追加する仕組みにするというのが最近の傾向だ。短納期での導入やカスタマイズした影響で保守・運用段階での作業が煩雑になりがちだが、そうした負担を軽減しようとする動きだ。販売する側も、開発の長期化を避けて手離れをよくしたいはずだ。独立系ソフトベンダー(ISV)にとって常識ともいえる方向に反旗を翻すベンダーが存在する。美濃和男が率いるメール配信システム大手のエイジアだ。(取材・文/谷畑良胤)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【特報】MIJSの縁が生んだ資本・業務提携、システムインテグレータとエイジア、海外でも共同展開

「打倒! セールスフォース」でタッグ、ブランドダイアログとエイジアの提携の裏側にあるもの

【詳報】MIJS、タイのソフト団体・機関と覚書を正式締結

外部リンク

エイジア=http://www.azia.jp/