「クラウド・ユーザー・コンピューティング」──。聞き慣れない言葉だが、Salesforce.com基盤を中心に他のクラウドや既存システムを“つなぐ”ビジネスで成長するテラスカイ社長の佐藤秀哉が掲げる“理想型”である。クライアント/サーバー(C/S)型システムのクラウド化を加速させるなかで生まれたキーワードだ。ITシステム部門がつくるシステムだけでなく、個々の利用者が使い勝手に応じて“自作”するという考えだが、佐藤は、これをクラウド市場拡大のキーワードに据える。(取材・文/谷畑良胤)