「選択と集中」というのは、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)が直面する課題だ。顧客の要望を100%聞き入れれば機能過剰になり、不得意分野まで参入することになる。開発コストがかさみ、ソフト事業全体が足を引っ張られる。ISVの多くは、この呪縛にとらわれて方向性を失う。学習管理システム(LMS)を中核とした教育コンテンツ会社、システム・テクノロジー・アイの“生き方”は、そんなISVやパッケージソフトを開発・販売するITベンダーに一石を投じる。社長の松岡秀紀は、小規模なベンダーだからこそのヒントを挙げてくれた。(取材・文/谷畑良胤)