その他

ピーク迎える「Windows XP」乗り換え需要 浮き彫りになるユーザーの課題 ITベンダーの移行支援の取り組みに異変

2013/09/26 21:03

週刊BCN 2013年09月23日vol.1498掲載

 2014年4月9日にサポートが終了する「Windows XP」からのPC環境移行の需要がピークを迎えようとしている。日本マイクロソフトとパートナー企業は、「XP」サポート終了までの1年間を「移行支援強化期間」と位置づけ、ユーザーのPC環境の移行支援に取り組んできた。昨年11月時点で、国内法人市場に約1400万台残っていた「XP」搭載PCは、今年7月には約1050万台にまで減少している(IDC Japan調べ)。「XP」ユーザーの抱える課題も明確になり、各社は移行支援策を強化したり、提案方法に工夫を加えたりしている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

Windows XPサポート終了 各社のOS移行支援策を探る

日本マイクロソフト、最新PC環境への移行支援を強化、パートナー約360社と連携

「Windows XP」のサポート終了 OS乗り換え需要に期待 消極的な企業に向けた訴求が不可欠

富士通マーケティング 「Windows XP」の移行サービスを開始 SMB向けの移行支援パックも用意

ソフトバンクBB 「XP マイグレーションセンター」を開設 OS移行の効率化と生産性向上を訴求

外部リンク

日本マイクロソフト=http://www.microsoft.com/ja-jp/