「Windows XP」のサポートが、2014年4月9日(日本時間)に終了する。サポート終了に伴い、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるので、「XP」はぜい弱性リスクを抱えることになる。つまり、「XP」ユーザー企業にとって、OSの乗り換えは必須となるわけだ。法人市場には、12年11月時点で1419万台(IDC Japan調べ)の「XP」機が残っていることから、IT業界にとってOSの乗り換え需要は大きなビジネスチャンスとなる。しかし、現状では「XP」ユーザーがOS移行に課題を抱えているケースが少なくない。パートナー各社は、どのように移行を推進しようとしているのか。(取材・文/真鍋武)