パラレルス(土居昌博代表取締役)は、パートナー企業やユーザー企業を対象とするプライベートイベント「Parallels Summit 2013 Japan」を9月27日に開催した。クラウドサービスについて、米国と比べて日本企業の導入が少ないことを「開拓の余地がある」と判断し、とくにSMB(中堅・中小企業)に普及させることを訴えている。サービスプロバイダなどクラウド関連事業者が、ビジネスの拡大を図るうえでパラレルス製品を使うことが優位につながることをアピールした。(取材・文/佐相彰彦)