パラレルス(富田直美社長)が、アプリケーションの標準規格「APS(アプリケーション・パッケージング・スタンダード)」でクラウドサービスの標準化を進めようとしている。顧客でありビジネスパートナーでもあるSP(サービスプロバイダ)やホスティング事業者に対して、APSに準拠した同社製品の導入を提案。また、SMB(中堅・中小企業)にクラウドサービスが浸透することを見越して、SPの販社にあたるリセラーの確保にも積極的だ。なぜ、一ベンダーが、ここまでもクラウドの普及に力を入れているのかを取材した。