弥生は、中小企業向けの業務ソフトの販売本数で6割を超えるシェアを獲得している(BCNランキングなどをもとに集計)。販売本数・売上金額ともに、継続して着実な成長をみせているが、マーケティングには課題があると捉えていた。100万を超える膨大なユーザーを抱えており、販売チャネルは家電量販店を中心に、オンラインでの直販、会計事務所やディーラーといったパートナー経由の間接販売など、さまざま。事業を構成する複雑で多様な要素をどう分析し、経営判断につなげるかを模索してきた。