業務ソフトの弥生(岡本浩一郎社長)は、クラウドサービス「弥生オンライン」の第一弾として昨年9月に提供を開始した店舗経営者向けの“半自計化”アプリケーション「やよいの店舗経営 オンライン」の直販を開始した。従来は、同社のパートナーである会計事務所(PAP会員)経由に限定して提供していたが、ユーザーが弥生のホームページから直接申し込んでサービスを利用できるようになった。狙いは、なかなか普及が進まない「やよいの店舗経営 オンライン」の販路拡大だけではない。同社の今後のクラウド戦略上、重要な意味をもつ一手だ。