ヤフーグループでデータセンター(DC)事業を手がけるIDCフロンティア(中山一郎社長)は、データエクスチェンジ構想の一環として、ユーザー企業のマーケティングデータをIDCフロンティアのデータマネジメントプラットフォーム(DMP)上で稼働させる。ユーザー同士が競合しない範囲で、さまざまな業種・業態のマーケティングデータを横断的に活用。マーケットやエンドユーザーの動向をより緻密に俯瞰できるようにする。DMPを共有することによって、新しい発見や気づきを得やすくし、ユーザー企業のビジネスの成長に役立ててもらう。(安藤章司)