ハードウェアメーカーからトータルソリューションベンダーへの転換を図ってきたデルグループのなかにあって、社名のとおりソフトウェア関連のビジネスを担うデル・ソフトウェアだが、日本市場での存在感は親会社の知名度に比して高いとはいえない状況が続いてきた。しかしここにきて、エンタープライズITの大きなトレンドとなりつつある「デジタル・トランスフォーメーション」に必要な“前処理”ともいうべきプロセスを支える商材を武器に、マーケットへの訴求を強めている。(本多和幸)