日本オラクル(杉原博茂社長)は、基幹系システム領域のクラウド化で大きな強みを発揮できる製品・サービスを市場に訴求してきたが、SaaSビジネスでもクラウドERPパッケージ「Oracle ERP Cloud」の拡販に注力する姿勢を鮮明にしている。しかし、従来のERPビジネスとはビジネスモデルが異なることから、とくに既存パートナーの間では、積極的にERP Cloudを顧客に提案しようという気運が高まっていないのも事実だ。本格的なクラウドビジネスの成長に向け、先進パートナーの導入事例を広く水平展開することでこの課題を解決し、パートナーエコシステムを活性化したい考えだ。(本多和幸)