米セールスフォース・ドットコムが3年がかりで進めてきたプラットフォームの再構築が、節目ともいえる今夏の50世代目のバージョンアップで一応の完成をみた。SaaS/PaaSのトップベンダーとしてクラウド市場を牽引してきた同社が、「クラウドファースト」から「モバイルファースト」へとさらに一歩踏み込み、新たなポートフォリオを整備したことは、国内のエンタープライズIT市場にも大きな影響を与えそうだ。(本多和幸)