その他

ソフォス 新型コロナに乗じた攻撃が増加

2020/04/30 09:00

週刊BCN 2020年04月27日vol.1823掲載

 新型コロナウイルスの感染拡大に乗じたサイバー攻撃が増加している。ソフォス(中西智行代表取締役)のセールス・エンジニアリング本部の丸山龍一郎氏によると、同社が世界で収集しているスパムメール全体の中で、新型コロナウイルスに関連するメールが占める割合は3月22日時点で2.68%に達した。公的機関を装って「感染対策をまとめた添付文書をご覧ください」などのメールを送り、マルウェアに感染させようとする手法のほか、「在宅勤務中にアダルトサイトを閲覧していたことをばらされたくなければ金を払え」といった脅迫メールも確認されているという。また「covid」といった文字列を含むドメイン名やホスト名が急激に増加しており、詐欺や攻撃のための“インフラ整備”が進んでいることもうかがわせている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ソフォスのマルウェア対策「Sophos Central Server Protection」、ソフトバンクのクラウドサービスに採用

外部リンク

ソフォス=https://www.sophos.com/ja-jp.aspx

おすすめ記事