ソフォス(中西智行代表取締役)は4月9日、同社のサーバー向けマルウェア対策製品「Sophos Central Server Protection」が、ソフトバンク(宮内謙社長兼CEO)が提供するクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE」のセキュリティオプションサービスとして採用されたと発表した。


 ASPIREは、VMwareの仮想化基盤を利用したSLA99.999%の国産IaaSで、ソフトバンクの信頼性の高いネットワークと国内データセンターを組み合わせることで、顧客の要求に対応する柔軟な基盤を提供する。

 Sophos Central Server Protectionは、業務に影響を与えることなく重要なサーバーを保護することを目的に開発されており、さまざまな機能を使用して、WindowsとLinux のサーバーを悪意のある攻撃から保護する。

 今回、ソフトバンクでは、ASPIREを利用している企業向けに、同ソリューションを活用して手軽に不正プログラム対策を実施できるよう、セキュリティオプションサービスとして提供する。税別価格は、一時費用が無料、月額料金は1000円/VM。