コロナ禍の混乱が尾を引く中、感染拡大を防止するための対人距離の確保など“新しい生活様式”への対応が求められている。営業活動や教育、医療に至るまで、非対面、オンラインへのシフトを余儀なくされ、情報サービスに対する需要も大きく変容している。主要SIerの業界団体である情報サービス産業協会(JISA)は、コロナ禍の業界への影響をどう捉え、市場に向き合うのか――。原孝会長に話を聞いた。