グーグル・クラウド・ジャパンでパートナー事業本部長を努める高橋正登・執行役員が週刊BCNの取材に応じ、パートナーを通じたエンタープライズ顧客の獲得に向けた戦略を説明した。高橋執行役員はデータ活用やアプリケーションのモダナイズにおける同社サービスの優位性を強調し、単なる「リフト&シフト」ではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)のためにクラウドを活用しようとするパートナーの支援を強化する方針を示した。(日高 彰)