オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、「商奉行クラウド」と富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)のクラウドサービス「ApeosPlus desola Technology by AI inside」との連携を開始した。これにより、受注業務での注文書情報の入力業務を効率化し、販売管理業務のDX化を支援する。

連携イメージ

 今回の製品連携によって、ApeosPlus desola Technology by AI insideでは注文書を複合機やパソコンから商奉行クラウドに取り込ませることで、注文書に記載の日付や顧客名、商品名、金額といった情報を抽出する。さらに抽出した情報を業務上のルールに合わせて加工やチェックを行い、商奉行クラウドへの受注伝票への直接登録までを一つのサービスで行うことができる。

 これによって、今まで人手で行っていたOCR後のデータ登録やデータ加工を自動化することができ、注文書の取り込みから商奉行クラウドの受注伝票への登録まで入力業務全体の効率化を実現できる。

 両社は今後、「奉行クラウドと奉行クラウドEdge」を中心に国内各地の営業拠点で販売支援や改正電子帳簿保存法対応セミナー、プロモーションなどを行っていく。さらに、富士フイルムBIの文書管理ソフトウェアやクラウドサービスとの連携強化などを推進し、中小企業の基幹業務の生産性向上につなげていく。