イスラエルで創業したDevOps開発基盤ベンダーであるジェイフロッグ(JFrog)が日本市場で存在感を高めている。日本法人のJFrog Japanは、国内でのDevOps需要が追い風となり、今年度(2021年12月期)の売り上げ規模が前年度比で倍増する見込み。グローバルの上期(21年1-6月)売上高は9374万ドルで前年同期比35.4%増だったが、日本市場はそれを大きく上回る伸び率となった。「国内でもDevOps開発基盤の市場が本格的な拡大期に入った」と、JFrog Japanの田中克典ジャパン・ジェネラル・マネージャーは見ている。
 
田中克典 ジャパン・ジェネラル・マネージャー

 DevOpsは開発と運用を密接に連携させるソフトウェア開発手法で、JFrogの開発基盤では、開発したソフトの版数管理のみならず、情報セキュリティ要件やOSSの使用許諾を満たしているかの確認、本番環境への配布の一連の工程を、単一プラットフォームで効率よく実現している。「継続的な開発、配布を繰り返す今どきのソフト開発手法によくマッチした基盤」(田中ジェネラル・マネージャー)であることから、世界で300万人以上のソフト開発技術者が利用している。20年9月には米NASDAQに株式上場を果たした。