その他

Netskope Japan マクニカとの代理店契約で販路拡大 顧客数は300社超、組織体制の拡充も推進

2022/06/09 09:05

週刊BCN 2022年06月06日vol.1925掲載

 SSE(Security Service Edge)製品「Netskope」を提供する米ネットスコープの日本法人Netskope Japanは、組織体制の拡充やパートナー施策の強化に取り組んでいる。強化策の一つとして、4月にマクニカと一次代理店契約を結び、販路拡大により新規顧客の獲得を図る。

 SSEは、CASB(Cloud Access Security Broker)、ZTNA(Zero Trust Network Access)、セキュアWebゲートウェイといった機能で構成するセキュリティ対策。Netskopeは、一つのエージェントをインストールするだけでこれらの機能を利用できる。他の製品との差別化として、大黒甚一郎・カントリーマネージャーはセキュリティエンジンである「Netskope Cloud  XD」を挙げる。「Netskope Cloud  XDでは、通信を詳細に可視化できるほか、ユーザー、デバイス、アプリなどさまざまな項目ごとに細かく制御や保護を行える」と説明する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

マクニカ 脆弱性対応を支援するSaaSを発売 25年までにARRで10億円を目指す

外部リンク

マクニカ=https://www.macnica.co.jp/

おすすめ記事