バッファローが法人向けビジネスに注力している。コロナ禍で企業のデジタル化が進む中、成長が見込めると判断したからだ。今年4月には組織体制を大幅に刷新し、販売パートナーの支援体制を拡充。主力のネットワーク事業では新製品と新サービスの提供を予定している。充実したサポートと製品・サービス力で市場での認知度を向上させる方針で、法人ビジネスを統括する横井一紀・常務取締役は「販売パートナーの中での立ち位置を一段ずつ上げていく」と意気込んでいる。
 
横井一紀 常務

 「家庭用の市場では一定の認知をしていただいているが、法人市場ではまだまだ認知度が低い」。横井常務は6月2日の発表会で、5年ほど前から力を入れている法人向けビジネスについて、現在の市場での評価をこう分析した。

 同社の法人向けビジネスは「以前はディストリビューターに販売をお願いするようなかたちで動いていた」(横井常務取締役)という。パートナーとの関係が十分に構築できているとはいえず、パートナーやエンドユーザーからの声を拾いにくいことが課題になっていた。