最近はCRMや会計ソフトに至るまで業種を問わずクラウド製品が多くなってきている。
総務省によるコロナ禍前の2019年の調査では、64.7%の企業がクラウドサービスを利用していると答えており、年々右肩上がりでクラウドサービスの利用が増えている。
 
クラウドサービスの利用状況

広がるクラウドツール、それでも根強いオンプレミスソフトウェア

コロナウイルス蔓延により生活様式が一変した20年10月のトレンドマイクロの調査によると、78%がクラウドサービスを利用していると答えているが、世界全体では87.2%がクラウドサービスを利用しており、全世界の中で最低の順位であることも同時に認識しなければならない。
 
クラウド利用に関する実態調査 2021
(出典:トレンドマイクロ)
 
クラウド利用に関する実態調査 2021
(出典:トレンドマイクロ)

 では、なぜ日本のクラウド化は遅れているのか。世界的にみても「セキュリティ」の課題は上位に上がるだろうが、それだけではなくオンプレミスが選ばれる根強い理由がある。

 それは、「カスタマイズ」と「ITベンダー側の理由」にある。