その他

【中小企業・小規模事業者のDXを阻む課題と解決策とは・2】事業再構築が必要なのは?

2022/06/17 11:00

最近はCRMや会計ソフトに至るまで業種を問わずクラウド製品が多くなってきている。
総務省によるコロナ禍前の2019年の調査では、64.7%の企業がクラウドサービスを利用していると答えており、年々右肩上がりでクラウドサービスの利用が増えている。
 
クラウドサービスの利用状況

広がるクラウドツール、それでも根強いオンプレミスソフトウェア

コロナウイルス蔓延により生活様式が一変した20年10月のトレンドマイクロの調査によると、78%がクラウドサービスを利用していると答えているが、世界全体では87.2%がクラウドサービスを利用しており、全世界の中で最低の順位であることも同時に認識しなければならない。
 
クラウド利用に関する実態調査 2021
(出典:トレンドマイクロ)
 
クラウド利用に関する実態調査 2021
(出典:トレンドマイクロ)

 では、なぜ日本のクラウド化は遅れているのか。世界的にみても「セキュリティ」の課題は上位に上がるだろうが、それだけではなくオンプレミスが選ばれる根強い理由がある。

 それは、「カスタマイズ」と「ITベンダー側の理由」にある。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【中小企業・小規模事業者のDXを阻む課題と解決策とは・1】コロナ禍で見えてくる企業体質

【デジタルマーケティングの道・1】何から手をつける? 企業のマーケティングDX

【駆け出し担当者へ!「ナナメ上」のDX化情報・1】「制度改正のDX」の裏に潜む落とし穴

外部リンク

ベストプランナー=https://bestplanner.co.jp/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/