その他

【テクノロジー革命におけるKubernetesの進化(前編)】適したアーキテクチャーとして地位確立へ

2022/07/28 10:00

 ほんの1、2年前を振り返ると、“コンテナ化”は最新のデータプラットフォームへの移行を先取りするビジネスのバズワードだった。「K8s」とも呼ばれるKubernetesは、その当時はまだ成熟しきる前の黎明期にあり、IT界隈においても広くは知られていなかった。しかし、現在ではその状況が大きく変わっている。Kubernetesは、複数のプラットフォームにまたがる先進的なアプリケーションのデプロイ、管理、保護、およびスケーリングに適したアーキテクチャーとして、その地位を確立している。この連載では、テクノロジー革命におけるKubernetesの進化について、米Veeam Softwareの日本法人であるヴィーム・ソフトウェアで執行役員社長を務める古舘正清とともに考察していく。

Kubernetesをどのように活用できるか

 従来のクラウドコンピューティングインフラは、大企業にとってより簡単な「リフト&シフト」でのアプローチを可能にする一方で、日本を含むアジア太平洋地域の企業は、拡張性が高くコンテナ化のオプション持つクラウドネイティブアプリケーションに注目している。企業は、より深く、的を絞ったIT戦略を立てるためにKubernetesとは何かを熟知し、包括的に理解するだけでなく、競合他社よりも一歩先に行くためにKubernetesをどのように活用できるかを検討する必要がある。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【DX・クラウド・アジャイル開発時代のSIビジネス・1】データからみるDXによる開発需要と人材不足

【カスタマーサクセスで実現するITベンダーとユーザー企業のこれからの関係・1】CSMの役割と意義(前編)

【データでつながる現場と経営・3】現場と経営はつながっているのか

外部リンク

ヴィーム・ソフトウェア=https://www.veeam.com/jp

おすすめ記事