その他

【インテグレーターのためのコンサルティングポイント・3】BPRとDXの違いとは?

2022/08/16 10:00

 社内にDXを正しく理解している従業員が少ないと、DXがうまくいかない傾向が高い。特に誤った認識として目立つのは、「DX=デジタル化」である。ただデジタル化しただけではDXとはいえず、30年前に流行したBPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)と大差ない。BPRは「業務の本来の目的に向かって、既存の組織や制度を抜本的に見直し、プロセスの視点で、職務、業務フロー、管理機構、情報システムをデザインし直す(リエンジニアリング)という考え方」だ。DXとはどう違うのだろうか。

 「令和3年度版 情報通信白書」によると、DXは「企業が外部エコシステム(顧客、市場)の劇的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」と定義されている。「顧客・市場の破壊的な変化に対応」「組織・文化・従業員の変革を牽引」「ITを利用してネットとリアルの両面での顧客経験の変革」の3本を整え、その上で「新しい製品・サービス・ビジネスモデルで競争上の優位性を確立する」ことが求められているのだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【インテグレーターのためのコンサルティングポイント・2】日本でなぜDXがうまくいかないか?

【インテグレーターのためのコンサルティングポイント・1】なぜDXが必要なのか

【DX・クラウド・アジャイル開発時代のSIビジネス・1】データからみるDXによる開発需要と人材不足

外部リンク

ロードフロンティア=https://road-frontier.com/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/

おすすめ記事