情報セキュリティのぜい弱性や労働生産性の低下、コンプライアンス違反などにまつわるトラブルは、企業の新たな経営課題となっている。これらのリスク対策として「メール統制」が重要性を増している。「メール統制」対策を実現するツールとしては、ウイルス・スパム対策やフィルタリングなどが知られる。それぞれ、今伸びている分野でもある。今回の特集では、送受信したメールを記録保存・管理する「メールアーカイブ」製品に着目し、国内市場の動向を探った。