2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、BCP(事業継続計画)やDR(ディザスタリカバリ)を意識する企業がますます増えた。現在も引き続いてバックアップソフトの需要が旺盛で、とくにSMB(中堅・中小企業)の導入意欲が高い。ITベンダーにとってのビジネスチャンスが到来しているわけだが、これまでとは異なる提案を行うことが競争に打ち勝つポイントになる。サーバーとセットで提供していたバックアップソフト関連ビジネスは、どのように変化を遂げているのか。現状のビジネスと、次のステップを探る。(取材・文/佐相彰彦)