落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

Special Feature

サーバービジネスの「今」(上) オーソドックスな商材を斬新な売り方で

2014/07/17 21:33

週刊BCN 2014年07月14日vol.1538掲載

 x86サーバーにけん引され、国内のサーバー市場は伸びている。IBMのx86サーバー事業のレノボへの売却や、2015年7月にサーバーOS(基本ソフト)「Windows Server 2003」のサポートが終了することが、市場に新たな刺激を与えつつある。各社は、どんな戦略でビジネス拡大に動くのか。この特集では、国産と外資系の主なサーバーメーカーに取材し、2回に分けて、彼らの最新の取り組みをレポートする。(取材・文/ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

関連記事

「System x」の移行 “レノボナイズ”が着々と進む エンタープライズ子会社を設立

<ストレージメーカー座談会 2014>メーカー各社のあの手この手 好調から飛躍を目指して

日立製作所、処理性能を強化したPCサーバー「HA8000シリーズ」の新モデル

富士通 サーバー選定の「新基準」。選ばれるサーバーの三つの視点とは?  第一回「統」――多様なシステムや設備を統合的に一元管理

NEC、水冷式などIAサーバー「Express5800シリーズ」7機種

外部リンク

レノボ・ジャパン=http://www.lenovo.com/jp/ja/