日立製作所(日立、東原敏昭社長兼COO)は、日立アドバンストサーバー「HA8000シリーズ」の4プロセッササーバー「HA8000/RS440」、1プロセッササーバー「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」で、最新のインテル Xeonプロセッサを搭載するなど、処理性能を強化した新モデルを追加し、6月12日に発売した。

「HA8000/RS440」

 新モデル「HA8000/RS440」は、処理性能を従来プロセッサの最大2.1倍に向上した最新インテル XeonプロセッサE7-4800 v2製品ファミリーを搭載。メモリ、内蔵ストレージ容量を、それぞれ従来モデルの2倍となる2TB、約1.3倍となる最大9.6TBに強化した。また、PCI Express拡張スロット数の拡大や、高速の16Gbps転送速度に対応したファイバーチャネルボードを新たにサポートするなど、データ入出力性能も強化。ビッグデータ分析やクラウドの基盤となる大規模仮想化環境やデータベース環境でのデータ処理速度を向上した。

 あわせて製品化した「HA8000/RS110」「HA8000/TS10」は、最新のインテル XeonプロセッサE3-1200 v3製品ファミリーの搭載や内蔵ストレージ容量の拡大によって、処理性能を向上した。

 日立では、今後も、処理性能や拡張性などを継続的に強化するとともに、システムの迅速な問題解決を支援するサポートサービス「日立サポート360」や、「HA8000シリーズ」の維持保守サービスと定期点検サービスなどをセットにして提供する「おまかせ安心モデル」など、システムの安定稼働を支える製品・サービスを提供し、ITによる顧客ビジネスの価値創出を支援する。また、「HA8000/RS440」をビッグデータの多角的な分析に適した高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」の構成サーバーとして引き続き活用し、ビッグデータの利活用を推進する。

 税別価格は、「HA8000/RS440」が207万3000円から、「HA8000/RS110」が33万8000円から、「HA8000/TS10」が31万5000円から。