「System x」として知られるIBMのx86サーバー事業を買収したレノボは、エンタープライズ向けビジネスの新体制を築く。レノボ・ジャパン(ロードリック・ラピン社長)は、6月23日、日本でx86サーバー事業を手がける子会社「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」の設立を発表した。新会社は、レノボ・ジャパン本体から独立したかたちで、日本IBMと密に連携して営業活動を行うことによって、レノボ製品とIBM製品を組み合わせたソリューション販売を目指す。企業文化が異なる日本IBMとレノボ・ジャパンは、どこまで一体になることができるのか。