“格安SIM”のブームにより、ここ数年で日本市場にも完全に根付いたMVNO。コンシューマ市場は価格競争によるレッドオーシャン化の兆候がみられる一方、法人向け市場ではSIerが回線を組み合わせたシステムの提案や、MVNOを支援する周辺事業に乗り出す例が相次いでおり、市場拡大の余地が大きい。盛り上がるMVNO市場を生かして自社ビジネスの拡大を目指す企業の取り組みを追う。(取材・文/日高彰)