官民一体で労働のあり方を見直す

 国が「働き方改革」の推進に力を入れている。背景にあるのは、少子高齢化に伴う労働人口の減少で、働き方改革が「労働生産性を改善するための最良の手段」と位置づけられている。最近では、長時間労働が原因の過労死が起こり、国民の関心が上昇。官民一体となって労働のあり方を見直す動きが広がっている。