既存システムの更改やデジタル化の推進などに対する需要から、ユーザー企業のIT投資が活発だ。2020年の東京五輪、その後の2025年の大阪万博の開催まではこの流れが続くと期待されている。こうした好調なIT業界動向の中、週刊BCN編集部では各記者の担当領域で2019年の市場動向を予測。実ビジネスへの活用が期待されるブロックチェーンや量子コンピューターに加え、ビジネス拡大の兆しが見えてきたIoTとSDN、新たなビジネスフェーズを迎えるハードウェアと業務アプリケーション、IT産業の中核を担うSIerを取り上げ、各分野の動きを展望する。