Special Feature

医療と介護をITでつなぐ 福岡県で広がる高齢者支援の取り組み

2019/08/07 09:00

週刊BCN 2019年07月29日vol.1786掲載

 急速な少子高齢化で、地域の医療・介護の維持が大きな社会問題となる中、ITを駆使した効率化や高齢者を支える新しい仕組みづくりが求められている。福岡県で高齢者医療・介護に力を入れている芙蓉グループは、高齢者の体温や脈拍、血圧などのバイタル情報をもとに、症状の悪化予兆を検知するソフトウェア「安診ネット」を独自に開発。グループの病院、介護施設で実際に活用して、業務効率を高めたり、医療・介護の連携によって高齢者を支える仕組みづくりで成果を上げている。(取材・文/安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>