Special Feature

出荷始まる富士通の次世代スパコン「富岳」 実用性を追求し社会課題へ貢献する

2020/01/29 09:00

週刊BCN 2020年01月20日vol.1809掲載


 富士通と理化学研究所(理研)が共同開発したスーパーコンピューター「富岳」が、2021年~22年ごろの共用開始を目指し、出荷が始まっている。19年8月に運用停止したスパコン「京」の後継機として開発された富岳は、世界最高水準の汎用性と、京の100倍のアプリケーション実行性能を備え、さまざまな分野での研究開発、ひいては社会課題の解決に向けた活用が期待されている。新世代のスパコン、富岳の全貌に迫る。
(取材・文/大河原克行)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

富士通、スーパーコンピューター「富岳」を出荷、一号機は理研の計算科学研究センターへ

外部リンク

富士通=https://www.fujitsu.com/jp/

おすすめ記事