今年10月19日から開催された「CEATEC 2021 ONLINE」で、日本貿易振興機構(JETRO)が出展した「JETRO Global Connection」が国内外から注目を集めた。日本の社会課題に対するソリューションを提案する18の国と地域から、45社のスタートアップ企業が出展。これらの企業はJETROが実施したコンテストを通過した企業であり、質の高い技術やソリューションの提案をもとに、国内企業との協業が進められている。コロナ禍における新たなマッチングの仕組みとしても、その成果が期待されている。
(取材・文/大河原克行  編集/日高 彰)

海外スタートアップと国内企業の協業事例が増加

 JETROが、CEATECに出展するのは今年で3回目だ。2019年、スタートアップ企業や海外企業が出展する「Co-Creation PARK」内に、JETRO Global Connectionを初めて設置。15の国と地域から36社のスタートアップ企業が出展した。また20年は、コロナ禍でCEATECが初のオンライン開催となる中でも出展を継続。17の国と地域から45社が出展した。
 

 JETROイノベーション・知的財産部イノベーション促進課の吉田悠吾・課長は、「JETROでは19年4月、オープンイノベーションの専門部署として、イノベーション促進課を設立し、海外の有望スタートアップなどとの協業、連携の支援を進めてきた。CEATECには課題意識を持った企業や自治体が出展、来場しており、JETROのイノベーション促進の活動と狙いが合致している」と語る。

 CEATECがスタートアップ企業の出展を本格化させたのは、14年からだ。主催者特別企画展示としてベンチャーエリアを設置し、25社のスタートアップ企業が出展。さらに16年以降は海外企業の出展にも力を注ぎ、米、英、仏の各パビリオンなどを通じて、海外企業の出展が増加してきた。インドのIT業界団体であるNASSCOMとの連携で、インドのスタートアップ企業が出展するといった動きも定番化している。

 また、同じく16年からは「脱家電見本市」を打ち出し、Society 5.0の総合展に転換。共創をテーマに掲げ、IT・エレクトロニクス産業以外からの出展も相次いでいる。18年には、国内外の設立9年以下のスタートアップ企業や大学、研究機関を対象にしたCo-Creation PARKがスタート。21年は、国内外から130社のスタートアップ企業や大学、研究機関がCo-Creation PARKに出展した。

 JETRO Global Connectionでは、過去にもいくつかの協業成果が生まれている。AIを活用したハンドトラッキング技術を持つカナダのMotion Gesturesと、豆蔵K2TOPホールディングス傘下で画像処理技術に強みを持つセンスシングスジャパン(大阪)が協業。指を動かすだけで操作可能な非接触型デバイスを共同開発した。

 また、AIによるメディカルデバイスの開発を行っているコロンビアのHuman Bionicsと、樹木の特殊伐採を行うマルイチ(新潟)による協業では、伐採に使用するクライミング装置を共同開発。さらに、マルイチは新会社のマルイチエアリアルエンジニアを設立して、Human Bionicsの人材を役員に迎え入れることで、同社の技術を活用した新たな事業展開を検討しているという。

 ソーラーパネル清掃ロボットを開発・製造するインドのJetsons Roboticsは、同じくソーラーパネル清掃ロボットを手がける未来機械(香川)と協業。同業者でありながらも、市場ターゲットが重ならず、開発ノウハウや目的意識の共有などが可能になると判断し、インド市場向けの試作機の共同開発に乗り出している。

 従来の大手企業を巻き込んだ協業とは異なり、国内外のスタートアップ企業同士の連携や、地方の企業との協業事例が生まれているのが特徴だ。