ぷらっとホームが提供する手のひらサイズの小型サーバー「OpenBlockS 600」は、シリーズ累計で5万台超の導入実績を誇る、企業ネットワーク向けサーバーの最新モデルである。

ぷらっとホーム
木村友則氏

製商品事業本部技術部
ソリューショングループ ソリューション課
マイクロサーバソリューション 担当課長
 このシリーズが評価される大きなゆえんとなった堅牢性・安定稼働・低消費電力に加え、最新モデルではスピーディな導入と容易な運用を実現する機能が実装され、大企業から中小企業まで幅広いユーザーにとって魅力的な製品となっている。

 今回、この有力サーバーが、ネオジャパンのグループウェア「desknet's」と連携を果たした。「desknet's」は、ユーザー企業の業種や規模を問わず幅広い層に支持される有力グループウェアで、ユーザー数は243万ユーザー(2010年3月)にものぼる。競合ひしめくグループウェア市場で存在感を示せるのは、「使いやすさと、きめ細やかな機能が受け入れられている」(ネオジャパンの廣瀬清明・プロダクト事業本部第一営業部執行役員部長)からだ。

 「OpenBlockS 600」の「アプリケーションマネージャ」機能を使えば、サーバー内に入れたいソフトをWebサイトから選び、数回クリックするだけで自動的にインストールされ、すぐに利用できる。煩雑な導入手順を必要としない手軽さも、高い評価を受けているポイントだろう。すでにNTTデータの運用管理ソフト「Hinemos Light」などがラインアップされているが、そのメニューの1つとして、今回グループウェアに着眼し「desknet's」を選んだ。

ネオジャパン
廣瀬清明氏

プロダクト事業本部
第一営業部執行役員部長
 ぷらっとホームの木村友則・製商品事業本部技術部ソリューショングループソリューション課マイクロサーバソリューション担当課長は「グループウェアは、クラウドやSaaSがあっても、社内にサーバーを置きたいというニーズがある。ただ、なるべく手間をかけずに導入し、365日安定稼働させたいという要望も強い。そこで、企業用ネットワーク用サーバーとしての強みを備えた『OpenBlockS 600』との親和性があると考えた」と説明し、「知名度と実績を持つ『desknet's』とぜひ連携したい」と話す。廣瀬執行役員も「リプレース商談には最適な製品。中堅規模クラスの企業に向けた拡販に力を注ぐ」と意欲を示している。

 使いやすさと堅牢性が魅力の小型サーバーと、有力グループウェア。お互いの強みを生かした協業は、従来以上に両社の存在感を高めそうだ。

OpenBlockS 600に搭載の「アプリケーションマネージャ」機能によりクリックするだけでdesknet'sのインストールが可能。ネットワーク設定も独自ユーザインターフェースで簡単に設定できる。