ぷらっとホーム(鈴木友康社長)は、プリファードインフラストラクチャー(PFI、西川徹社長)と協業し、大規模データ処理技術「Hadoop」の検証支援および環境構築を行う「Hadoopアセスメントサービス」を1月21日から提供開始した。

 「Hadoopアセスメントサービス」は、ユーザー環境でのHadoop導入実現性の共同検証や、分析システムの構築コンサルティングといったサービスを、Hadoop運用に必要なハードウェア・ソフトウェアと一括で提供する。サービスは、アセスメント(ヒアリング・デザイン・テスト)、構築(実装、移行支援、導入)、導入後サポートの3つのフェーズからなり、要望に応じて、アセスメントのみ、すなわちHadoop実用性の検証支援サービスのみの提供も可能となっている。

 Hadoopの導入前のコンサルティングから導入後の相談に応じたサポートまでを細やかにカバーする新サービスの提供開始により、国内の通信キャリア・流通、あるいはゲノム解析・バイオ解析といった様々な分野の企業・研究団体は、スムーズにHadoop環境の導入や実証実験に取りかかることができる。