SpecialIssue

<ストレージ特集>長期安定が見込まれる有望なマーケット 企業内のデータ量急増が追い風

2011/04/21 19:56

週刊BCN 2011年04月18日vol.1379掲載

NRIセキュアテクノロジーズ
ファイルサーバー整理を容易に
管理サーバーレスのファイル識別・整理製品

 NRIセキュアテクノロジーズ(増谷洋社長)は、ファイルの識別・整理ソリューション「SecureCube/ Labeling(セキュアキューブ・ラベリング)」シリーズの新製品で、管理サーバーレスでファイルサーバーの整理ができる「SecureCube / Labeling Standard」の発売を開始した。

 「SecureCube / Labeling」は、社内の電子ファイルを把握して管理するためのソリューションだ。それぞれの電子ファイルのを機密度に応じて、「極秘」や「個人情報」といったラベルを強制的に付与して管理することで、社内からの情報漏えい防止を図る。

 このたび提供を開始した「Standard」では、アイ・オー・データ機器やエレコムをはじめとするNAS製品との連携を強化した。「Standard」では、電子ファイルに特定のラベルを付与するときに「作成部署」「作成者名」「ファイルの有効期限」などの属性情報追加機能を搭載。「Windows Server 2008 R2」ベースのNASを組み合わせることで、ファイルサーバーの整理を効率よく行うことが可能となった。

 「Windows Server 2008 R2」では新しくFCI(ファイル分類管理)が追加された。この機能は属性情報を参照して、電子ファイルを自動的に整理するためのもの。「Standard」で、電子ファイルにラベルと属性情報を追加して保存すると、FCIで設定したルールに基づいて、自動的に特定のフォルダに移動させるため、きめ細かい管理を行うことができる。各クライアントへのラベルテンプレートと、エージェントのバージョンアップ配信もNASさえあれば、簡単に実行できる。

 また「Standard」では「Windows Serverオプション」による台帳管理機能を提供する。オプションを導入すると、データべース管理製品の無償版「SQL Server Express Edition」がインストールされ、ファイルサーバーの台帳情報をデータベース化することができる。管理者のPCからExcelなどでアクセスすると、台帳情報をアウトプットできる。ファイルサーバーのどこに何のファイルが保管されているかを一発で確認できるのが便利だ。

 NRIセキュアテクノロジーズ ソリューション事業推進部の船越洋明氏は、「社内のポリシーを統一したい場合、一般的には管理サーバーが必須となる。だが、中小企業ではサーバーに投資しづらい。こうした実情があるので、徹底的に管理サーバーレスにこだわった」と説明する。NASメーカーからも「これまでにない製品」と好評。ファイルサーバー管理に悩んでいる中小企業や大企業の一部門向けに最適な製品である。



▼SecureCube / Labeling Stadardの情報はこちら
http://www.nri-secure.co.jp/labeling/standard/



NRIセキュアテクノロジーズ=http://www.nri-secure.co.jp/

[次のページ]

関連記事

<いまさら聞けないキーワード>ストレージ

仮想化市場攻略セミナー ハード+αで売る 新「ストレージ提案」へ

IDC Japan、ブロックレベルのストレージ仮想化市場動向、需要拡大の兆し

<ストレージ座談会>成長の機運高まるSMB向けストレージ

<特別企画>ストレージサービスで事業拡大へ