ニュース

IDC Japan、ブロックレベルのストレージ仮想化市場動向、需要拡大の兆し

2010/08/02 10:17

 IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、8月2日、ブロックレベル・ストレージの国内仮想化市場動向の予測を発表した。

 2009年の国内外付け型ディスクストレージシステム市場でのブロックレベル・ストレージ仮想化の容量は、前年の2.2倍の17.2PB(ペタバイト)。09年の国内外付型ディスクストレージシステムの出荷容量は、ストレージ投資の落ち込みで前年比14.3%増という低い成長にとどまったが、ブロックレベル・ストレージ仮想化容量は前年の2.2倍に拡大した。

 ブロックレベル・ストレージ仮想化容量の08年~13年の年間平均成長率は92.4%で、13年には235.4PBに達するとした。IDC Japanによると、ブロックレベル・ストレージ仮想化は、他のIT先進国に比べて普及が遅いという。「国内企業の保守的な投資姿勢や、ストレージ仮想化の認知度の低さ、ストレージ仮想化の導入コストが比較的高額」な点が理由と分析している。

 しかし、景気後退によるIT投資削減の機運が高まったことで、ユーザー企業がストレージインフラに関するコスト削減要求が強まり、市場は拡大傾向にあるとしている。

国内ブロックレベル・ストレージ仮想化市場の新規仮想化容量実績と予測
  • 1

関連記事

IDC Japan、2010年のIT市場予測調査、3年ぶりのプラス成長見込む

IDC Japan、国内OS市場の分析結果発表、ハードの販売減少で09年は16.9%減

学校など法人向けが絶好調 1~3月の国内PC出荷実績 IDC Japanが調査

IDC Japan、社外でのモバイル端末利用調査、高いスマートフォンへの関心

IDC Japan、仮想化サーバー市場調査、14年までの年平均成長率は15.9%

外部リンク

IDC Japan=http://www.idcjapan.co.jp/top.html

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>