ピー・シー・エー(PCA)のセッションでは、PCAサブスクヘビー級チャンピオンのPCAサブスクマスク氏が「働く、が変わるとき。PCAサブスクでバックオフィス業務を革命!デジタル化のその先へ」と題して講演した。同氏はマスクを被り、販売パートナーにサブスクリプションビジネスの魅力を伝えている。「御社の課題にラリアット」が得意技。

ピー・シー・エー
PCAサブスク ヘビー級チャンピオン
PCAサブスクマスク氏

 最初に触れたのが、PCAによるビジネスの変化。パッケージ導入社数は累計24万社に上るが、2008年にPCA for SaaSをスタート(12年に「PCAクラウド」に名称変更)、20年に「PCAサブスク」サービス、21年に「PCAクラウド on AWS」サービスを相次いで開始、サブスクリプションビジネスへの注力を明確にしている。6月に打ち出した新タグライン「働く、が変わるとき。」のもと、変化するお客様の働き方をサポートするサービスへの注力とともに社内体制も変更。売上構成比もクラウドビジネスが年々増加、今年度(21年3月期)は前年度比120%と成長し、ストックビジネスが全体の6割弱を占める。

 事業構想では、「Technology Supporting Society」を掲げ、サステナブルを基本とした変化に対応できる事業戦略の構築を打ち出している。ビジネスパートナーと共鳴し合いながら、リテンションビジネスへと向かう。具体的な三つのシナリオとして、(1)サブスクリプションで「持続可能な事業」を育てる、(2)「顧客と良質な関係」を構築するサービスづくり、(3)カスタマーサクセスは「人と組織」で実現する、をあげる。

 三つのシナリオの違いとして、PCAクラウドが5時~24時と稼働制限があるのに対し、PCAクラウド on AWSが24時間稼働、ともにデータ管理をクラウドで行うのに対してPCAサブスクはデータを顧客のオンプレミス環境で管理し、用途に合わせた使い分けができる。「PCAの製品はいずれもバックオフィス。フロント側のさまざまなサービスと連携できるよう、Web APIとClient APIという二つのAPIを用意し、現時点で70社以上とのアライアンスを組んでいる」としている。

 直近の展開として紹介したのがクラウド型ドキュメント管理「PCA Hub eDOC」を軸としたサービス群。業務のデジタル化・ペーパーレス化の推進や、蓄積したデータ活用に向けて可視化・分析・ AI連携で、新しい価値を生み出すサービスを提供していく。「令和3年度税制改正」にも対応するとした。