オリジナルソフトにこだわって事業を展開してきたメガソフトが、新しい動きを始めている。9月1日にはライフボートへ出資、10月1日には夢工房へ出資と、これまで行ってこなかった提携戦略を活発化。前坂昇社長は、「従来の店頭でのパッケージソフト販売に加え、法人販売ルートを通じた販売を行っていく計画。その分野で実績ある2社と提携した」と狙いを説明する。同時に、オンライン販売も強化し、チャネルの1つとして確立していく方針だ。