KeyPerson

情報漏えい対策ソフトを核に セキュリティソフトベンダーへ

インテリジェントウェイブ 社長 山本祥之

取材・文/木村剛士 撮影/ミワタダシ

2005/06/06 18:03

山本 祥之

週刊BCN 2005年06月06日vol.1091掲載

 インテリジェントウェイブ(IWI)が、セキュリティソフトベンダーへと変貌を遂げようとしている。内部情報漏えい対策ソフト「CWAT(シーワット)」を軸に、セキュリティビジネスをメイン事業に据えた計画を立てる。日本だけでなく、海外市場も視野に入れ、2007年度(07年6月期)には売上高の70%を占めるビジネスに成長させる。今年2月23日、トップに就いた山本祥之社長は、IWIを世界に通用するセキュリティソフトべンダーに成長させる戦略を打ち出す。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>