日立グループの保守サービス中核会社である日立電子サービスは10月1日、オープン系システム構築に強い日立オープンプラットフォームソリューションズ(日立OPSS)と合併する。収益が安定的なビジネスと言われた保守サービス事業も、今やサービス単価の下落やオープン化の進展により、決して楽観できる市場環境にはない。そうしたなか、百瀬次生社長率いる日立電子サービスは、保守サービスベンダーの枠を超えた「情報システムの上流から下流まで面倒をみる体制」を築き、新たな保守サポートベンダーの在り方を追求し始めた。