ストレージ機器メーカーの日本ネットワーク・アプライアンスが事業領域の拡大に意欲を見せている。今年1月にマネジメント体制を刷新、ミッションクリティカル分野に参入するなど事業領域の拡大を推し進める。大手ネットワーク機器メーカーからの転身で社長に就任した大家万明氏は、「ネットワークの時代が過ぎ去り、ストレージの時代が到来した」とみる。同社を国内屈指のストレージ機器メーカーに成長させようと試みる大家社長に今後の方向性を聞いた。