多くの日本企業が新年度をスタートさせた。情報サービス産業にとって、世界的な経済危機をどう乗り越えるのか、試練の年度になる。日本の大手SIerはグローバル市場へ果敢に進出し、再び訪れる好況期に向けた勝負をかける。そこに立ちふさがるのがグローバル大手のアクセンチュアだ。00年初めのITバブル以降、ほぼ一貫して売り上げを伸ばし、経済危機が顕在化した昨年9~11月期もビジネスを伸ばした。グローバルビジネスで勝つにはどうしたらいいのか。アクセンチュアの程近智社長に聞いた。 安藤章司●取材/文  大星直輝●写真