KeyPerson

新規領域で200億円の売り上げを狙う

ユニアデックス 社長 入部 泰

取材・文/ゼンフミシャ 撮影/馬場磨貴

2010/12/22 19:37

入部 泰

週刊BCN 2010年12月20日vol.1363掲載

 日本ユニシスの子会社でシステム運用・保守サポートなどをビジネスとするユニアデックスが、新たな事業領域の開拓を急いでいる。2010年4月に就任した入部泰社長は「ユーザー企業がICT(情報通信技術)を『所有』から『利用』へ切り替える動きが活発になって、ハードウェアなどの保守需要が縮小している」と危機感を露わにする。その対策として、13年度(2014年3月期)までに既存事業以外の領域で200億円を稼ぐ計画を立てている。新しい市場環境に対応できるよう、同社の企業風土や製品展開の変革作業に取りかかっているところだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

ユニアデックス、向こう3年で200億円の売り上げ拡大を目指す

【2010年 年頭所感】 ユニアデックス

日本ユニシスなどITベンダー5社 「Webストア」つくる任意団体設立

ユニアデックス 不正アクセス防御サービス開始 中堅向け、3年間で20億円狙う