KeyPerson

サービスで顧客のニーズを掴む

日本オフィス・システム 社長 尾嶋直哉

取材・文/安藤章司 撮影/ミワタダシ

2011/04/14 19:37

尾嶋 直哉

週刊BCN 2011年04月11日vol.1378掲載

 日本オフィス・システム(NOS)は、サービス事業を伸ばしていくことで、顧客のニーズに応える。必要なときに、必要なだけのITリソースを提供するオンデマンドやクラウド方式のビジネスを拡大。ビジネスモデルの最適化を急ぐ。今年度(2011年12月期)の業績見通しは、中堅・中小企業のIT投資の回復が遅れる恐れが拭えないとして、堅実な数字を掲げている。2011年1月にトップに就いた尾嶋直哉氏に経営戦略を聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【2011年 年頭所感】 日本オフィス・システム(NOS)

日本オフィス・システム ERPサービス黒字化へ 定額料金が評価される

<システム導入事例 ユーザーたちの“プロジェクトX”>白十字 オンデマンド型ERPサービスを採用 バージョンアップの負担をなくす

<ユーザーたちのシステム導入“奮戦記”>エフ・エー・テクノ サービス型ERPに切り替え バージョンアップの“概念”捨てる

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>